幅広い視野と高い向上心

ゲームする人

ゲーム製作に携わる職業には様々なものがあります。例えばゲームプログラマーはゲームを作る為のプログラムを組み、ゲームプランナーはゲームの企画立案などの業務を行います。そして、そんな中でも特にクリエイティブな才能を求められるのがゲームデザイナーです。ゲームデザイナーの役割は非常に幅広く、ゲームキャラクターやデザインだけでなく、ゲームの世界観や動作システムに至るまで携わる職種になります。よってゲームデザイナーになるには広い視野と好奇心、そして何より高い向上心が求められると言って良いでしょう。

実力世界も資格は有利

ゲーム製作

ゲームデザイナーは非常に幅広い分野に携わる職業ですが、これと言って必要な資格は存在しません。実力勝負の世界なので、努力さえすれば誰でもなれると言っても過言では無いです。しかし、企業に就職する際には実力を客観視できるような目に見えるスキルを提示した方が有利な場合もあります。その為、ゲームデザイナーになるには評価対象となり得るような資格を取得しておくことも、事前に踏んでおくべき重要なステップです。

ゲームデザイナーになるにはいくつかの資格の有無が就職に有利に働きますが、特に次の資格がおすすめになります。まずCGクリエイター検定ですが、これは高度なCGゲームの製作に携わる際には必須です。マルチメディア検定はIT分野全般の知識が必要となるので、将来現場を仕切るマネージャー的立場になるのに役立ちます。その他、特定のソフトを対象としたクリエイター能力認定試験は実務でも役立つので一石二鳥です。

ちなみにゲームデザイナーの年収は、一般的に未経験であれば300万円程度で、平均は400万円から500万円程度と言われています。会社によって差はありますが、年功序列と言うより実績次第で上を狙えるという夢のある職業です。それだけに競争は激しいですが、ゲームデザイナーになるには厳しい戦いが待っていることを自覚しつつ強い意思を持って挑む心構えが大切になってきます。

広告募集中